職員勉強会

こんにちは!

障害者支援センターSAKURAです

 

新年度最初の職員勉強会を行いました。

 

施設長が講師となり

新しい職員さんも多いので、法人の理念、施設の理念から

バイスティックの7原則をはじめとした、さまざまな支援の理論を学びました。

 

 

 

<バイスティックの7原則>

 

1. 個別化の原則

→問題をラベリング、カテゴライズせず、それぞれ別の問題としてあたる

 

2. 意図的な感情表現の原則

→なにが問題なのかより深く理解できるよう、普段は言いにくいマイナスの感情や独善的な感情も表に出してもらう。

話してもらいやすいよう、ワーカーの聞くときの雰囲気や話し方など工夫する。

 

3. 統制された情緒関与の原則

→問題を客観的に把握できるよう、クライエントの感情に飲み込まれない。

感情移入しすぎない。たとえ罵倒されても平常心を保つ。

 

4. 受容の原則

→クライエントの話を否定せず、そのまま受け止める。どうしてそういう考え方になるかを理解する。

 

5. 非審判的態度の原則

→ワーカーは善悪の判断はしない。

「こどもを叩いてしまう」という方に、叩くことを非難するのではなく、どうして叩いてしまうのか、理由を考える。

善悪の判断はクライエント自身にしてもらう。ワーカーは寄り添う。

 

6. 自己決定の原則

→行動を決定し、問題を解決するのはクライエント自身。その力があると信じ、ワーカーは命令的指示を行わない。

 

7. 秘密保持の原則

→個人情報保護は絶対です。これが守られないと、クライエントはそもそも安心して相談できない。

 

 

 

本人の思いや気持ちを一番大切にし、まわりがあれこれ口を出さない。

子育てや、普段の人間関係でも大切なことですよね。

そしてなかなか難しいこと。

 

利用者さんがスタッフのいうことをビシッと聞く、そういう施設ではなく

スタッフが利用者さんと一緒に、あたふたしながら、毎日一生懸命、楽しく暮らしてもらう、

そんな施設を目指しています。

 

「よりそいながら、コツコツと。」

令和元年のSAKURAの理念です。

 

-------------------------------------------

〜障害を持つ仲間達とのスローワーク〜

社会福祉法人さくら会

障害者支援センターSAKURA

------------------------------------------

 

 


関連する記事
コメント
コメントする








   

search this site.

profile

links

categories



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

archives

recent comment

  • 祝☆くばらだんだんアート入賞☆
    SAKURA
  • 祝☆くばらだんだんアート入賞☆
    田中靖
  • 給食室より(o・・o)/
    SAKURA
  • 給食室より(o・・o)/
    ちーちゃん、知夏
  • さくらんぼチェア☆ぶどうの樹 未来塾様へ納品
    SAKURA
  • さくらんぼチェア☆ぶどうの樹 未来塾様へ納品
    未来塾
  • イルミネーション
    サクラ
  • イルミネーション
    なっちゃん
  • 給食室より(o・・o)/
    サクラ
  • 給食室より(o・・o)/
    嘉村翔太

others

mobile

qrcode