プロボノ三夜待ナイト! -つづき-

*本日2/21(木)NHK佐賀の夕方ニュースにて、プロボノSAGAスタイルが取り上げられる予定です。(18:20頃)
チームSAKURAのプロボノワーカーさんも出るみたいです。
要チェック!
----------------------------------------------------------------------------

先日の記事、「プロボノ三夜待ナイト!」のつづきです。

プロボノについてはこちらの記事「新しいカタチのボランティア、「プロボノ」をご存知ですか?」をご覧ください。

H24年度プロボノ佐賀スタイルの6チームが、順番に成果報告をしていきます。
チームSAKURAは一番最後の発表でした。

私たちはWEBサイトのリニューアルをお願いしていました。
現在のWEBサイトは、自分たちで1ページ1ページ作ったもので、更新が面倒です。
また、そのシステムだと今後時代から取り残されていくのでは、との危機感もありました。

障がいをお持ちの方への「偏見」を、私たちのサイトを見てちょっとでもなくしていけたらいいな、「ダサい」イメージをお持ちの方も多い障がい者の施設ですが、「スタイリッシュ」で「明るい」イメージを持ってもらえたらいいな、そして、今後施設に入るであろう人たちにも希望を持ってもらえたらいいな、そんな思いからの応募でした。




↑リニューアル前のトップページ


プロボノで興味深かったのは、「ヒアリング」を重視されていること。
私達からのWEBサイトリニューアルに対する希望を聞いたあと、「職員」「施設利用者」「保護者」「外部の方」などなどたくさんの方へのヒアリングを実施されました。

自分たちが考えている施設と、周りから見た施設。
この作業のおかげで、自分たちの施設を客観視でき、施設の姿をそれぞれの立場から立体的に知ることができました。
ここで得たものは大きかったです。


そして、ヒアリングを元に、以下の5つのキーワードを用いて新しいサイトの提案をして頂きました。

利用者さん「楽しい」
保護者さん「安心」
スタッフ 「成長」
施設長  「希望」
訪問者  「驚き」

現在のサイトは「こんなことをしていることを知ってもらいたい」「こんな想いでやっていることを知ってもらいたい」といった、「自分達のことをいかに伝えるか」を考えて作っていました。
プロボノでは、使い勝手良く、いろいろな事業についてサイト訪問者の方に分かり易いサイトにして頂ければ、と思っていました。



ヒアリングで知った、利用者さんの想い、保護者さんの想い、スタッフさんの想い・・・・

自分たちで作っていたときにはまったく思いつかなかった内容です。
多面的に、深みを持って、施設のことを知っていただけるサイト。

プロボノ、すごい。


また、私達施設にも変化がありました。

ひとつめは、今回のヒアリングで「施設内の様子がもっと知りたい」との保護者さんからの声があったこともあり、「ブレーメン!」という季刊誌を発行することになったこと。
SAKURAでの日々の暮らしをお伝えする冊子です。年4回発行予定。

(↓今月発刊した「ブレーメン!」第2号)



ふたつめ。
新しいパンフレットを作ったこと。今までは、現状と合致していない、内容が古いままのパンフレットでしたが、サイトリニューアルのために写真や施設内容を整理していたので、すぐに出来ました。





みっつめ。
今回のプロボノのヒアリングや事業説明などを通して、自分達施設のことをもう一度よく考えるきっかけとなり、結果として「施設の目指すもの」、「各事業の方向性」が明確になりました。
そして明確になったことで問題点もよく把握でき、現在は週1回の全体職員ミーティングも行っています。(今までは、毎朝の現場ミーティングと、不定期の全体職員ミーティングでした)


始めるときは、「いいサイトになって、これを見る人に効果があるといいな」、と思っていたのですが、今振り返ると、自分達自身を高める結果となっています。

プロボノマジック!


これは、どこかの業者さんにサイトのリニューアルをお願いしても絶対なかったであろう効果です。
今まで縁もゆかりもなかったボランティアの方々が、自分たちのために一生懸命、尽くしてくれている。(信じられないくらい、本当に一生懸命やってくださっています)

いつの間にか、自分たちも、ぼーっとしてはいられない気持ちになっています。



まだチームSAKURAは納品まで終わっていませんので、もう少し、楽しませていただいています。納品されるのが寂しい気持ち・・・・。

最後に、プロボノ三夜待ナイトでの一枚!




プロボノ佐賀スタイルでは、プロボノワーカーさん募集されています。
詳しくはこちらをクリック。


私たちは、特にスキルも持っておらず、このように社会のために働くことはできませんが、その代わり、目の前の施設ご利用者さんのために、精一杯がんばることでワーカーさんに御恩返しをしたいと思います。



〜障がいを持つ仲間達とのスローワーク〜

 障害者支援センターSAKURA
 *アトリエサクラ*
 〒845-0213
 佐賀県佐賀市大和町久留間3176-1
 TEL 0952-62-0720
 http://at-sakura.com



関連する記事
コメント
コメントする








   

search this site.

profile

links

categories



calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

archives

recent comment

others

mobile

qrcode