給食ねぼけ人生ー「ぐうたらして楽に生きる」vol2

vol2です。献立表、発注書に苦労しています。まさか私が給食を作ることになるとは…

過去の資料を見てもあんまりよくわからない。

 

引継ぎをしっかり受けておくべきでしたのに、年度末の忙しさでろくに話を聞くこともできず、

年度初めから給食業務を引き受けて。

 

こりゃパソコンで確実に過去のデータが残るようなかたちにしておかねば、大変なことになるな…

と思って資料の整理に励んでおります。

 

やってみてわかることは給食の先生は事務仕事も抱えて大変だったんだなぁと思います。

今までみなさん、大変だ、できない、など一言も言わずにSakuraの食を

支えてくださっていたのですね。本当に感謝しています。

 

吉本ばななの『キッチン』だったかな、悲しみの中食べるシーンを覚えています。

食べることって、何というか…凄みがあると思います。生きることの凄み。

哀しいこと、苦しいことがあっても生き続ける凄み。選択。決意。

 

私たちも利用者さん達も、食べる楽しみの先に生き続けることを選んでいるんですよね。

 

 

さて。4月15日。

この日はスープがメインです。赤魚のムニエルときのこのソテー、牛肉とゴボウのスープです。

しっかりごぼうをオリーブオイルで炒めてコクを出して作りました。キノコのソテーはバターたっぷり。

 

 

 

4月16日

きびなごの天ぷら、おからサラダ、なすびの味噌汁です。

私、揚げ物が苦手で極力やりたくないのですが(揚がっているか不安になる)、揚げ過ぎないように

気をつけてカリっと揚げました。大好評で次々おかわりで13時まで揚げ続けました(笑)

 

先週食材の量が足りなかったので、今週多めに頼んだらきびなごが多すぎて…揚げても揚げても無くならない。

利用者さんがたくさん食べてくれたので助かりました。

 

4月17日

初温泉たまごでした。シシリアンライスです。まあ…簡単メニューでしたが盛り付けがかわいくない。

味ももう一越欲しかった。

 

こんな日もあるか…な。反省。

 


給食ねぼけ人生ー「ぐうたらして楽に生きる」vol1

施設長です。理想はタイトルどおり「ぐうたらして楽に生きる」です。

 

基本的には仕事好かずですが、あえて言うならば、好きな仕事はつくること、

嫌いな仕事は事務です。

 

というわけで「好きで」給食代理をしております。

とはいいましても自分の仕事はじんわりと溜まっていき、最近めずらしく遅くまで仕事をしております。

 

つくった料理の記録として。

 

 

4月9日。ぶりの照り焼き、おからサラダ、鶏ガラスープです。鶏ガラは保育園で給食をつくっていた頃は、

とっていましたがそれ以来とりました。

 

池田精肉店さまの鶏ガラは下洗いを丁寧にしてあり、臭みがなく扱いやすかったです。

 

おからサラダはSakura給食初だったと思います。若い人の嚥下は、まったく問題がなかったようですが、

ミドルには幾分厳しく、水を飲みながら食べていたようでした。

今度つくるときはマヨネーズを多くしようと思いました。

 

人にやさしく、ミドルにやさしく。

 

ぶりはひと手間かけて照りを出しました。このひと手間が食べる人に感動を与え、

その言葉や表情を受けて、作り手はやりがいを得ることができます。

 

ここで得ることのできるやりがいは、いっしょうけんめいに作った、

その人だけに帰属するのであり、他のだれかに決して奪われるものではないのです。

 

「学んだことはだれにも奪われない。」(by おにちゃん。実はユダヤの教えだったりします。)

ここに給食の楽しさがあると思います。

 

 

4月11日。キャベツと豚肉の蒸し物、鮭ごはん、鶏団子汁です。

 

蒸し器を出して蒸しました。

鶏団子は生姜、ねぎを練りこみ、臭みを取りました。時間があったので、いりこの佃煮を。

 

利用者さんがおかわりに来たので職員分が少なくなってしまいました。

まだどのくらい食べるのか量をつかめていません。

混ぜご飯ってちょっとうれしくなりますよね。

 

 

 

4月12日。法蓮草とトマトのパスタ、トマトスープ、ヨーグルト。

パスタのソースは、トマトと玉ねぎを煮込んで、少しだけホールトマトを足して、塩、コンソメで味を

整えました。

 

この日はもう一つのお仕事である僧侶の仕事が入りまして、どうしても10時にはSakuraを

出なきゃいけなくて、朝5時半から調理して、あとは混ぜるだけにして補佐の方に託しての給食でした。

 

めずらしく働いております。

 

法蓮草は色が変わらないように別ゆでして、ソースをかけた後、感じよく乗せています。

料理は見た目3割。

 

私が修行していたお寺の堂長さまは「料理は目で食べる。」とおっしゃっておりました。

 

自分で言うのも何ですが、気持ちを込めて料理を作れば、利用者さんも職員さんも楽しんで、

たくさん食べてくれます。ほとんど残菜がありません。「園長、おいしかったー!」という声が

私を支えています。実はひさしぶりの給食でとっても体が疲れていたので。ミドルエイジですからねー!

 

今は体も慣れて快調ですが苦笑。


平成31年度を迎えてごあいさつ

Sakura施設長です。

今年度でSakura10年目になります。

 

ひとつの時代を終え、次の時代に入ったような気がしています。

 

ファーストステージは試行錯誤、暗中模索でした。

私が至らないばかりにいろんな方が充分力を発揮できないままいろいろな思いを抱えながら通り過ぎていったような気がして、とても申し訳なく思っています。

 

すばらしい方がたくさん力を貸して下さったのに、生かすことができませんでした。

 

それでも10年かけていろんなことを学んだような気がしています。

なんというか・・・エンパワメントですな。

 

・・・・・・・・・

 

新年度始まって給食担当をしております。

二十年ほど前、保育園の給食を作っていたことがあります。

昔取った杵柄で、まあ余裕だろ、と思って給食室に入りましたが、膝は痛いは腰は痛いは、体は確実に歳を取っておりまして、運動不足を切に感じているところです。

 

手羽先ではなく手羽元なんだけどね。

だいたいな感じでいいね。

 

 

 

大根と手羽元の煮物、キャベツの浅漬け、豆腐と麩の味噌汁、大根葉の混ぜご飯。

たくさんのお野菜を素材の味がわかるような調理法で出していきたいと思っています。

体と心に優しそうと思いません?

 

 

新年度を迎えるにあたり、Sakuraの理念を書いてみました。

書道を習って5年くらい・・・なかなかうまくなりません苦笑。

 

 

自由に表現していいよってことは、本当はとても難しく、

自由に表現できるようになるまでには、

継続する力、真剣に事に向かう時間の総量と技術の蓄積がないとできないことだと思います。

 

 


新しい年度が始まりました。



新しい年度を迎え、新たな気持ちで頑張らにゃんと思っております。

お世話になっている学校の先生が、今度異動になるので同僚に贈り物を、とSakura
のショップを訪ねてくださいました。先生とお話ししている中で、とっても心に残る
言葉をいただきました。

「教頭先生の言葉だったと思うけど、春になると、窓を開けて風通しを良くして、
空気を入れ替えないと元気が出ない。私たちは風と共に去っていくけど、代わりに
新しい人を風が運んできます。ここはずーっと元気でなくちゃならないからね。」

Sakuraも春に向けて何人かの人が旅立って、そのかわり何人かの新しい人がSakuraを
元気にするために集まってくれました。

心機一転。Sakuraがずっと元気で入れますように。


施設長 角田隆浩


~障がいを持つ仲間達とのスローワーク~

障害者支援センターSAKURA
*アトリエサクラ*
〒845-0213
佐賀県佐賀市大和町久留間3176-1
TEL 0952-62-0720
ネットショップ https://minne.com/sakura
facebook http://www.facebook.com/ateliersakura

雪のあおぞら

みなさんおはようございます。佐賀では35年ぶりの大雪だったそうです。琴奨菊が日本人力士として10年ぶりの優勝。これもまた、いとありがたし、でした。結婚を前にして奥さんの協力、理学療法士等のチームスタッフの協力で肉体改造に臨んだ結果だったそうです。ほんとおめでとうございます!

昨年のクリスマス会は初の試みで利用者さんによる催し物を企画して、たくさんの方から喜びの声をいただきました。利用者さんが自ら課題に取り組む姿勢が見られ、私たちの想像以上の仕上がりにとてもうれしく思いました。自らこうありたいという目的を持ってそれに向かってやっていくこと、支援者はその援助をする、環境を整える、その繰り返しで利用者さんに誇りと自負が生まれ、他者貢献を通して、自分自身で自分の価値を感じ、幸福感と自己受容ができるような支援ができればいいなあと思います。

今日は安全のため2時間遅れのスタートです。写真は雪のあおぞらです。今度の大雪の時はひょっとしたら私はもうこの世にいないかもしれませんな。人生は短い。今を大切に生きませう!






武雄市民生委員児童委員協議会

様宛に民生委員のバッグを納品に行ってきました。全部で145個製作しました。窓口は福祉課。県庁にプレスリリースを深々と頭を下げて持っていきましたので、超期待しての納品。利用者さんとインタビューの練習をしながら武雄市までドライブ。途中Sakuraのウインドブレーカーをおかじが着ていませんでしたので、おかじ宅に寄ってお着替えタイム。


この小屋は亡きおじい様がお一人で建てられたそうです。上にある荷車はむかし牛に引かせていたそうです。


このかまども写欲を誘います。


もはや絶滅危惧種の木箱の牛乳受け。この家は今は住んでいないそうです。新しいお家が建ってからもしばらくは、おじい様とおばあ様がお住まいだったそうです。

おかじのお家を見学した後、意気揚々と武雄市役所に到着。利用者さん一人を連れて行きましたので、私とおかじと利用者さんの三人で福祉課の窓口を目指しました。

福祉課の窓口で納品の旨を伝えましたが、だあれもいない。新聞記者もテレビもケーブルテレビもだあれもいない。スマートに納品して、担当者に「一緒にお写真お願いしていいですか?うちのブログに乗せたいので。よろしくお願いします。」と声をかけ、こころよく承諾していただきました。で、この写真です。


担当者さま、ありがとうございます。とってもさびしい気持ちでしたが、気持ちよい対応をしていただき感謝します。

あんまりさびしかったので寄り道して帰りました。

ただいま児童デイサービスあおぞらを新築しておりまして、そのあおぞらの設計をお願いしたMEI設計さんが手がけた古民家をリフォームしたレストランです。とってもセンスのよい素敵な建物です。

見学を終え、セブンイレブンでアイスクリームを買い食いして、なんとなく武雄までのドライブに意味づけをしてSakuraに戻りました。やれやれ。

 

新年のお慶びを申し上げます

施設長です。今年も宜しくお願いいたします。

年末は超ハードな日々でした。

12月19日にクリスマス会を終え、その足で上田法認定講習会に参加すべく広島へ。私はアシスタントインストラクター候補生として参加でしたので、江藤先生はじめ素晴らしい先生方と行動を共にし、手技はもちろんのこと上田スピリッツを学ぶとても密度濃い三日間を過ごさせていただきました。広島から帰ってきたら、今度は鳥栖で楽塾の忘年会&上田法ナイトセミナー、翌日は江藤先生の治療のデモンストレーション、その後反省会。翌々日は理事会でその次は仕事納めでSakuraの忘年会。28.29.30日は消防団の年末警戒。3日間午前三時まで。31日はお寺の除夜の鐘。病弱な私の体がよくぞ持ってくれました。感謝。

除夜の鐘の風景






上田法の認定講習会で学んだこと。受講生はPT、OTが主だったのですが、クライアントの扱いが荒い。関節の可動域を考えずに動かす人が多くて、見ていて怖かった。タオルを敷いて高さの調整をしたりするのですが、タオルのたたみ方が雑。タオルの端っこが体にあたると気持ち悪いのに。きっと自分があたるとあたらないようにするはず。患者さん(利用者さん)はそれを自分で治せない。我慢させることになる。これでは心地よい上田はできませんよね。「普段仕事している時、俺がしてあげてる!治してあげてる!って思ってる?」って聞きたくなりました。もちろんそんな人ばっかりではなかったのですが、何人かいたので。いろんなことにつながりますよね。わが身を振り返って反省し、正しましょう。

アシスタントインストラクターや候補生の言動行動を見ておりましたが、みなさん謙虚でびっくりしました。私は今の自分の技術に自信を持って出しきって、ぜんぜんなってないとがつんと指導を受けるのを是としておりますが、みなさん私より技術も知識も上なのに、ぜんぜんできてないんですが…なんて言いながらとても上手い。ああ、この謙虚さが私には欠けてるんだなと痛感した次第でした。でも、まあ、私の理屈では今の技術でしか目の前の利用者さんには施してあげれないので、その技術に自信を持ってせいいっぱい体当たりしたいのですよ。「右往左往しながら、行きつ戻りつ」熱く行きますよ!

なんて言いながらたくさんの人がいるなかで、いろんな人と楽しくお話するのが苦手な私。なんでもないようなことを穏やかに笑顔でお話して、みなさんすごい。上田法は講習会のあとに懇親会が必ずあるのですが、これが少し苦手でした。どんな話題を選べばいいかわかんないのです。今年の課題にします。「いろんな人と人見知りせずに笑顔で楽しく話す。」

こんな私が楽塾の忘年会にお呼ばれして、とてもうれしかったです。メンバーはPTさんばかりで難しい話ばかりだろうと思いきや、陰謀論の話で盛り上がり、ここだけは私も若干熱く語りました。江藤先生のナイトセミナーでのアドバイスは「あなたの子どもがそうだからといってそれを他の誰かにあてはめてはだめだよ。しっかりと解剖学を見直して関節や筋肉の動きを頭に入れなさい。」でした。今年の課題にします。ありがとうございます。

長崎グループの先生から「ホルモン会」に誘われました。ホルモン好きな人が集まるそうです。「それいゆ」関係の方をはじめ、発達支援に携わっておられる方、PT、OTさんその他。佐賀からも多数参加とのこと。お誘いがあれば勉強したいと思っています。

いつのまにかB型の利用者も増え、Sakuraはにぎやかになりつつあります。木工場ができれば今年こそは木工でいろんなことを試したいですね。あおぞらの引越しが済めば、生活介護のスペースを拡げられそうです。もう少しゆったりと生活できるようになれば、ますます落ち着いて暮らせるでしょう。楽しみです。一人ひとりを丁寧に見たいですね。バランスよくレクも取り入れながら生活を組んでいきたいです。

ますます心地良い場所を目指して。Sakuraでよかったと利用者も職員も思えるところにしたいですね。新たな一年が始まります!

〜障がいを持つ仲間達とのスローワーク〜

障害者支援センターSAKURA
*アトリエサクラ*
〒845-0213
佐賀県佐賀市大和町久留間3176-1
TEL 0952-62-0720
ネットショップ http://minne.com/sakura
facebook http://www.facebook.com/ateliersakura

 

あおぞらの上棟式

施設長です。
ただいま放課後等デイサービスの「あおぞら」を新設しています。ここまでとっても長かったです。なかなか宅地にすることができず、建築確認が下りるまでほんと大変でした。見てください。快晴ですよ!

いやあPentax Blueが冴えてます。あおぞらの子ども達は建物よりもこっちに夢中でした。


建ちだしたらあっという間です。工場でプレカットした角材を一気に組みます。
上棟式のお祝いはお弁当だけで結構です、とおっしゃる大工さん方にねぎらいの意を込めて武雄から九州駅弁グランプリで優勝した「佐賀牛すき焼き弁当」を取り寄せ、振舞いました。喜んでいただけたかな?



Sakuraの利用者さんに来てもらって、餅投げをしました。五円玉と五十円玉に副賞をつけてお金についている「こより」がお菓子やジュースの引換券に。みんなとっても楽しんでくれました。私たちもうれしかったです、お祝いですもの。



Sakuraの前の並木です。真っ赤な葉っぱでお祝いしてくれているかに見えました。
上棟式を終えて、本当に建つんだなと実感。綿密に図面で打ち合わせをしてきたものが現実の建物になって行く姿に感動。ここまでなかなかうまくいかずに、止まったままだった計画が、スムーズに流れ出してきたことがとてもうれしい。前日の準備を気持ちよく手伝ってくださった事務員さんや給食さん、ほんとうにありがとう!上田法がんばるぞ!

〜障がいを持つ仲間達とのスローワーク〜

障害者支援センターSAKURA
*アトリエサクラ*
〒845-0213
佐賀県佐賀市大和町久留間3176-1
TEL 0952-62-0720
ネットショップ http://minne.com/sakura
facebook http://www.facebook.com/ateliersakura
 

紅葉を見に行くときに思ったこと

施設長です。
先日の金曜日Sakuraで紅葉を見に行きました。紅葉といえば西渓公園。多久の誉れです。
と、多久出身の私は確信しておりましたが、おかじが「今年の西渓公園のもみじはきれいじゃなかばい。あおーあおしとう。このまま赤にならんで枯れるばい。」としきりに西渓公園のネガキャンをしてきます。おかじのスミカは西渓公園のすぐ近くだから、みんなで「建もの探訪」みたくちょっとスミカにおじゃまできたら最高の思い出になるのに、おかじのケチさぶりに驚くばかり。

おかじの反対を押し切って、西渓公園で食事をとって御船山楽園へというプランを決行。

西渓公園にて

西渓公園にて

あいにくの曇り空でしたが紅く燃ゆるもみじの葉。西渓公園のもみじは品種がいいと思います。紅葉がとってもきれい。きっと粋な庭師がいい仕事をしたのでしょう。おかじがそわそわしていたので、何人かの利用者と職員でおかじのスミカへ勝手に見学に行きました。犬がわんわんとほえておりました。
 にが笑いしていたおかじが「職員のみなさん。これからバスハイクごとにみなさんの家を訪問します。」と申しておりました。


西渓公園にて

御船山楽園へ移動。記念写真を。



水面に映ゆるもみじ


凛とそびえる御船山


午後からは晴れました。よかった。


多久の方が寒いからか、西渓公園のほうがより紅葉していたように思います。

しかし利用者のみなさん買い物好きですねー。みんなとっても楽しんでおみやげを買っておられました。私も悪ノリしておかじのスミカに侵入したおわびにおかじのおかあさまにおみやげを買いました。

ふとおみやげ屋さんの外へ出てみれば、Sさん(私のいとこにあたります。)が私の選んだのとまったく同じものを買って、その場であけておいしそうに食べておりました。さすがいとこ…血だなと妙に親近感を覚えました。

利用者さんが旅行にいける機会は、私たちより少ないかもしれません。ハレとケの考え方があります。ハレのときは少々羽目を外しても楽しい思い出を残してほしいと思うのです。今日は特別!って日もあっていいと思うのです。



〜障がいを持つ仲間達とのスローワーク〜

障害者支援センターSAKURA
*アトリエサクラ*
〒845-0213
佐賀県佐賀市大和町久留間3176-1
TEL 0952-62-0720
ネットショップ http://minne.com/sakura
facebook http://www.facebook.com/ateliersakura

自閉症の光明

施設長です。
東大、金沢大、福井大、名古屋大の各病院で自閉症の臨床研究が始まりました。オキシトシンというホルモンをスプレーで一日二回鼻から投与する。このホルモンを取ると、コミュニケーション障がいがずいぶん改善する可能性があるということらしいです。自閉症児・者への支援はabaやteacch、私たち支援者がとるべき方法はたくさんあると思いますが、このような医学からのアプローチは症状を劇的に変えていく可能性があります。楽しみですね。

精神障がいや身体障がいにとっても、医学の発展は世界を劇的に変えて行くのかもしれません。加えて身体さんにはロボット工学の進歩が大きな助けとなるかもしれません。どんな未来が待っていることでしょう。とても楽しみです。

私たちは希望を持っていなきゃ、と思うのです。
どこでどう世の中が変わって行くか分かりません。
再生医療がすすみ、ずいぶん負担が減って行くかもしれません。


連休中に水木しげるの『カランコロン漂泊記』を読みました。南方の激戦地に二等兵として従軍したときの思い出や、戦直後の混乱期の思い出が綴ってある民俗学、歴史学としても非常に価値のある名本です。楽しく書いてありますが、壮絶で重い。

その中に「人間は、生きようという意志の強弱があって、意思の弱い人から死んで行ったように思う。」「私はそういう意志の強弱が普通の死に方にしても、関係するのではないかと最近思っている。目には見えないけれども、意志の力・・・みたいなものは案外バカにならないナといつも思う。」とあります。

楽しくて希望に満ちた未来を思うことは、案外バカにならないことかもしれません。






長崎の夜景です。今日の繁栄の礎となった無数の人々に祈り、感謝します。
 
〜障がいを持つ仲間達とのスローワーク〜

障害者支援センターSAKURA
*アトリエサクラ*
〒845-0213
佐賀県佐賀市大和町久留間3176-1
TEL 0952-62-0720
ネットショップ http://minne.com/sakura
facebook http://www.facebook.com/ateliersakura


search this site.

profile

links

categories



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

archives

recent comment

  • 祝☆くばらだんだんアート入賞☆
    SAKURA
  • 祝☆くばらだんだんアート入賞☆
    田中靖
  • 給食室より(o・・o)/
    SAKURA
  • 給食室より(o・・o)/
    ちーちゃん、知夏
  • さくらんぼチェア☆ぶどうの樹 未来塾様へ納品
    SAKURA
  • さくらんぼチェア☆ぶどうの樹 未来塾様へ納品
    未来塾
  • イルミネーション
    サクラ
  • イルミネーション
    なっちゃん
  • 給食室より(o・・o)/
    サクラ
  • 給食室より(o・・o)/
    嘉村翔太

others

mobile

qrcode